さいかい交通

-2020.4.30-

樫の浦ー大田和ー大串

板の浦

本数

△平日 6往復 ​△土曜 4往復 △日祝 2.5往復

狭隘度

★★★★★

車両

日野 ブルーリボン

いすゞ エルガミオ etc...

 西彼杵半島北部を大回りする路線です。区間便や経由地が多彩の割に本数は少なく、特に「面高」は早朝と夜に数本だけしか経由しません。

 佐世保方面へは「西海橋西口」で西肥バスへ乗り継ぐ他に、「横瀬桟橋」から船に乗り換えると15分で佐世保港まで行けちゃいます。(『瀬川汽船』)

柳~鳥崎

 国道202号旧道の狭隘路。途中に「七ツ釜本郷」というバス停がありますが、観光地の『七ツ釜鍾乳洞』はまだまだ先です。

 この区間は大島へ渡る「樫の浦ー大島」線も通るため少しだけ本数が増えます。

御代橋~七ツ ぼかし.JPG
御代橋~七ツ釜本郷

崎辺~面高

 こちらも国道202号の旧道を走ります。

 ここは全てにおいて狭いですが、特に「黒口」と「面高」の集落内は異常な狭さ。大型バスが毎日走る道とは思えないほどです。

 バスは一旦「西海総合支所前」に立ち寄り。ここから「遠照院下」までには、片道1本だけの「石田」経由なんて便も存在します。

​ 「面高」経由は「遠照院下」から左折して2停留所分だけ進んで折り返してきます。歩いても10分はかからない距離です。ちなみに「面高」からは佐世保、大島へ船も出ています。(西海沿岸商船)

写真 2019-10-19 9 27 14(2) ぼかし.jpg
黒口~崎辺

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。