© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

国東観光バス

国東ー文殊

2_481.jpg
国東

本数

狭隘度

車両

平日 3往復(学休日運休あり)

★★★☆☆

いすゞ ジャーニー

日産デ  富士重8E

 2018年4月7日より、国東観光バスのローカル路線は土曜ダイヤが日祝ダイヤと統合されたため​​実質、平日限定の運行になりました。この文殊行きも平日限定となり、往復できるのは昼の一便のみ。折り返し時間は10分もないので文殊仙寺を見に行くともれなく帰りは徒歩になります(笑)​

 夕方の片道便は夫婦石止めだった気がするんですが...今調べたら文殊まで上がってますね。あれれ...でも帰りが回送なの悲しみ。

国東~小原

 国東ローカルは丸小野行き以外は国見方面へ向かいます。そのため、AS70系統と同経路で国道に出ると国東高校周辺を通れないため、「国東」を出発すると営業所のすぐ横を通り抜け「小原」へ向かいます。エアライナーの回送も通るぐらいなので中型バスだと楽々...というわけではなく、交通量が多いのでバスの通過時間には離合祭りが開催されます。夕方の出発ラッシュでは岩戸寺行きと文殊行きが続行でやってきます。この2台は富来橋で別れるまでずっと一緒です。

国東~小原

安ヶ浜・国東中学校~松原

 安ヶ浜と国東中学校で別れているのは朝と夕方の国東中学校を経由する便だけ、安ヶ浜を経由せずに「国東中学校」から直接「国中入口」へ向かうルートをとるため一応2つ書いています。

 松原までのルートは国道213号の旧道を走るわけなのですが、とびきり狭いということでもなくここは景色が目まぐるしく変わります。木々の間を抜けたと思いきや住宅街を走っていたり。田んぼを眺めていたら突然一面の海に変化したり...

​写真は岩戸寺行きです。

松寿園前~松原

富来橋~寺山入口

 「松原」を過ぎて新道へと合流したのもつかの間、「富来橋」につく前に左折し、商店や理髪店が並ぶ集落内の狭い道へと入ります。数百mほど進むと左手には石垣が見えてきます。あまり聞いたことはないですが、富来城の跡地らしいです。

​ 「柳」を過ぎるとまた道が狭くなり、その少し先、薄暗い木のトンネルの隙間から左に2車線の快走路が見えてくる。その新道へ合流しそのまま文殊まで2車線道路を走ります。

​ 

DSC04046_edited_edited.jpg
柳~寺山入口