臼津交通

-2020.5.17-

津久見駅ー間元

2_161(2).jpg
間元

本数

△平日土曜 4.5往復

日祝 2往復

狭隘度

★★★★☆

車両

日野 レインボーRJ

日野 リエッセ etc...

 津久見駅から『四浦半島』の先端まで走る約1時間の長距離路線です。平日と土曜の朝1往復だけ「赤崎」止めの区間便が存在します。

 2009年9月末までは佐伯から「落の浦」まで大分バスの路線がありました。廃止後は津久見市の乗合タクシーが現在の終点である「蒲戸」まで月曜1往復だけ運行中です。道中は河津桜の名所なので桜の季節は歩くのもおすすめ。

津井越~荒代

 この区間は1往復だけ存在する「赤崎」経由の「間元」行きが通過する狭隘区間です。それ以外の便は2003年に開通した『荒代トンネル』でショートカットしていきます。

 旧道ともいえる「赤崎ー荒代」間は民家も交通量もなく、崖沿いをそろそろと走る峠越えの景色が続きます。

写真 2018-09-22 12 41 54 (2) ぼかし.jpg
赤崎~江の浦越

刀自ヶ浦~西泊

 『久保浦トンネル』を抜けてまずは旧道沿いにある「刀自ヶ浦」を複乗。この先は海岸線に沿った急カーブと急坂が続きます。

 出張所のある「落の浦」を通過し、終点に近づいたところで半島の反対側にある「高浜」へ。かつての佐伯行きはここで別れていました。

 元の道に戻って、残りは「間元」まで狭い一本道を走るだけ。

 終点から目と鼻の先にある『保戸島』へは津久見港から船が出ています。橋を架ける計画もあるとか。

20200605_063659000_iOS 1 (2) ぼかし.jpg
落の浦~鹿の浦

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。