-2020.3.11-

大分バス

佐伯ー上津川

LQHX9588 (2).JPG

本数

平日土曜 2.5往復

狭隘度

★★★★☆

車両

日野 レインボーRJ

日野 西工96MC etc...

 2018年10月より佐伯市コミュニティバスへ移管された「上津川」行き。途中の因尾地区にある「福祉センター」では、曜日限定で「三重町ー重岡」線が走る宇目方面の路線に乗り換えが出来ます。

 廃止寸前の乗客数を見ると信じられないですが、かつては蒲江方面の路線と並ぶほどのドル箱路線だったそう。未舗装のボンネットバス時代の話ですが(笑)

(2018年9月30日廃止)

上津川

荒瀬~小半鍾乳洞前

 沿線にある『小半鍾乳洞』は、大分県で初めて国の天然記念物に指定された観光地。ただ、2016年から休業中です。

​ 鍾乳洞の近くにはバスからも見える直径18mの大水車。木造水車では九州一の大きさらしいです。その横にある水車茶屋の蕎麦は美味しかったですね。

DTLM3947 (2).JPG ぼかし.JPG
小川入口~大水車の郷入口

井ノ上~板屋

 旧道に入った「井上」から狭隘区間。「羽木川」を過ぎると番匠川を渡り、一旦新道へ戻ります。2車線の新道を700mほど走ると、また対岸の旧道へ。

 旧道に戻るとすぐに「農協前」。旧本匠村役場の前にバス停が設置されています。

​ 狭隘区間の終点は「板屋」。本匠村までバス路線が延びた時はここが終点だったそう。転回所跡も残っています。

DAOU9107(2).jpeg ぼかし.jpeg
農協前~板屋

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。