さいかい交通

-2021.12.20-

板の浦ー幸物

20220409_073926000_iOS (2).jpg
板の浦

本数

☆平日土曜 1往復 ​

狭隘度

★★★☆☆

車両

いすゞ エルガミオ etc...

 さいかい交通で異彩を放つ1日1本の路線。乗ったら最後、山の中に取り残されます。大抵こういう路線は平日限定に多いのですが、なぜか土曜も走ってます。

​ 終点の「幸物」から3キロ先へ進むと、密かに人気のある『音浴博物館』にたどり着きます。まあ、バスは夕方にしかないので開館時間中に訪れることは不可能なんですが。

​ ちなみに災害で頻繁に途中折り返し運行になってます。

白藤橋~幸物

 「大串」行きと別れる「白藤橋」から県道229号線へ。これから終点まで延々と1.5車線幅の道を走ります。

 次は、「幸物橋」。その名の通り、川を越える大きな橋が『幸物橋』です。川を渡り山道を進むと「児童館入口」。この辺りからかなり標高の高い位置を走ります。長崎バスグループの路線としては一番高い地点を走っているのでは?

 終点のひとつ手前は、「旧幸物分校前」。​2013年3月に閉校した『雪浦小学校幸物分校』がバス停前に佇んでいます。

 山道に突然、屋根と扉付きの待合室が現れたら終点「幸物」。バス停以外、何もない。

20201026_081046000_iOS (2) ぼかし.jpg
白藤橋~幸物橋