© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

大野竹田バス

犬飼駅ー河面

CFFB1967_edited.jpg
河面

本数

狭隘度

車両

△平日 5往復 土日 2往復

★★★★★

日野 レインボーRJ

日野 西工96MC etc...

 豊肥本線の犬飼駅から1日数本だけ走るローカル線です。終点の河面まで20分ほどの路線ですが非常に内容の濃い路線となっています。終点の「河面」には現在でも端末が残っており、平日と土曜の始発を担当しているようです。日祝は動かないため河面で犬飼から来たバスとの2台並びを見ることが出来ます。

犬飼駅~町口

 犬飼駅を出発してすぐに豊肥本線のガードをくぐります。ここもかなり狭いですが中々撮る機会に恵まれないです...

 ガードをくぐると、これから河面までずっと付き合うことになる柴北川を渡ります。ここに架けられた橋はかなり年季が入っていて正直渡るのが怖いです(笑)その橋を渡るとその先は両側に家が立ち並ぶ住宅街、次に商店街と変化します。道幅は狭いまま変化しないですけど(笑)

→写真は1日1本の貴重な「山内」止め。豊肥本線との並びは...無理だよなあ。

DSC06498 (2)_edited_edited.jpg
天神町~犬飼

栗ヶ畑入口~栗の木

 朝、犬飼へ向かう便と昼過ぎに河面へ向かう便が複乗するのが「栗の木」です。

 この区間は田んぼばかりなので秋に行くと稲穂がめっちゃきれいです(ただ、動物除けの柵がかなり高く、ここでバスを撮るのは難しいので撮れてませんが)

​ 「栗の木」の転回はバス停前の少し広めの三差路で行っているようです

DSC06500 (2)_edited.jpg
栗の木~神社前

長尾野入口~河面

 この路線は長尾野入口からが本領発揮!という感じです。左手に柴北川を眺めながら終点河面までたまらない隘路を進みます。所々ガードレールすら設置されていない区間もあります。冬の朝なんかは通りたくないなあ...

 「河面橋」周辺は一時的に2車線になりますがそれもすぐに終了しバス1台分の道幅へ。そのまま河面までへろへろ道を走ります。

EEUR5614_edited.jpg
中山~河面