石見交通

-2021.11.4-

益田ー匹見

QKKT2536 (2).JPG
匹見上

本数

平日土曜 5往復
​日祝 4往復

狭隘度

★★★★★

車両

いすゞ エルガミオ etc...

 島根県最西端の『益田市』から過疎発祥の地と呼ばれる『匹見町』まで、約1時間半かけて走る長距離路線です。

 2016年までは、行楽シーズンのみ「裏匹見峡」まで延伸していました。

 益田から相当離れているせいか、終点の「匹見上」には木造車庫に2台の滞泊が存在します。

白岩~小野

 「匹見口」から国道488号線へ。ここから『匹見川』に沿って走ります。

 ​「竹内」を通過すると、バスは2003年に完成した『白岩トンネル』を迂回して旧道に入ります。

​ 緑色のトラス橋な『八ヶ瀬橋』、崖と川に挟まれた隘路を抜ければ、間もなく新道へと復帰します。

LERO0114 (2) ぼかし.JPG
八ケ瀬橋~中原

柿原~持三郎

 山間部の快走路を走り、前方にトンネルが見えてきたところで、もう一度旧道へ。数分走ると広い駐車場に「長沢」バス停が立っています。バスはこの駐車場で折り返し、元来た道を戻ります。

 新道にあるトンネルを抜けると、現道も1.5車線ほどに。

 お次は左折して旧道へ。こちらもえげつない狭さです。「澄川」付近にはガードレールのない区間も。

20200821_061424000_iOS (2) ぼかし.jpg
持三郎~澄川