徳島バス

-2020.3.12-

徳島駅ー五滝・大久保

写真 2019-09-23 7 50 47 (2).jpg
大久保

本数

毎日 5往復(五滝)

   2往復(大久保)

狭隘度

★★★★☆

車両

三菱 エアロミディ

日野 レインボーⅡ etc...

  2014年10月に徳島市交通局から移管された路線。他の徳島バス路線と違い緑のカラーを纏った車両が専属で走ります。

 狭隘区間に入る手前の「八多」までの区間便を合わせると、1日十数往復運行されています。7往復の内、5往復が「五滝」へ。あとの2往復が「大久保」行き、こちらは朝と夕方だけの運行です。

南曽根~五滝

 区間便の終点「八多」の次から狭隘区間。「五滝」行きは左へ曲がります。

 まず目に入るのが両側に広がる田園風景。しかもどぎつい狭さというおまけ付き。こういう所は晴れた夏の日に訪れたいですね。

​ 「五滝」の由来となった『八多の五滝』までは終点から徒歩1時間はかかるそうです。

写真 2019-09-23 7 07 54 (2).jpg ぼかし.jpg
五滝会館前~坂東

南曽根~大久保

 こちらも、区間便の終点「八多」の次から狭隘区間。「大久保」行きは真っすぐ進みます。

 徳島バスに移管される結構前から2往復しかなく、訪れた日も乗客は見かけませんでした。

 佐那河内に抜ける県道ともあって「五滝」方面よりも道は広め。終点は脇道との交差点付近で待機するみたいです。

 「徳島ー佐那河内ー神山」線の「高樋」までは峠越え40分の道のりです。

写真 2019-09-22 7 40 59 (2).jpg ぼかし.jpg
三反地~仕出橋

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。