© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

大交北部バス

宇佐駅ー伊美線

IMG_5232 (2)_edited.jpg

本数

狭隘度

車両

平日 9往復 土日祝6往復

★★★☆☆

いすゞ ジャーニー

​日野 レインボーHR etc...

 USA駅から昭和の町「豊後高田」を経由して国東半島の先っちょの「伊美」まで向かうこの路線は、日本夕陽百選にも選ばれた真玉海岸を

伊美

玉津商店街ー中伏

 県道633号の途中、「名塚原~土橋」と「塚田~大内」で2回旧道へと入ります。1度新道に戻りますが、1日1本のバスを何度も撮りに行くのはめんどk…まあ、新道に戻るのは300m程度なので一区間とみていいでしょう(笑)

​ 「王子」で割後場行きは直進しますが、かつて存在した乙見経由野津行きの路線は右折し野津方面へ向かっていたそうです。現在では臼杵市コミュニティバスが火曜と金曜のみ運行しており、めっちゃ狭い道を中型バスで走るのでぜひとも乗っていただきたいです。

 「大内」を過ぎると新道へ合流し、あとはのどかな田舎道を終点まで走ります。

bus 11893 (2)_edited.jpg
玉津商店街~新屋敷

がらんー西村

 県道633号の途中、「名塚原~土橋」と「塚田~大内」で2回旧道へと入ります。1度新道に戻りますが、1日1本のバスを何度も撮りに行くのはめんどk…まあ、新道に戻るのは300m程度なので一区間とみていいでしょう(笑)

​ 「王子」で割後場行きは直進しますが、かつて存在した乙見経由野津行きの路線は右折し野津方面へ向かっていたそうです。現在では臼杵市コミュニティバスが火曜と金曜のみ運行しており、めっちゃ狭い道を中型バスで走るのでぜひとも乗っていただきたいです。

 「大内」を過ぎると新道へ合流し、あとはのどかな田舎道を終点まで走ります。

CKSO7126 (2).JPEG
小川原~がらん

国見中町ー東櫛の海

 伊美から竹田津へ向かう路線は全て旧道側を運行しますので、西方寺行きも例によって旧道を走ります。

​ この隧道は回送以外のすべてのバスが通過するのですが、やっぱり狭いなあ...昔は大分駅から竹田津港まで特急バスが走っていたそうですが、その路線もここを通っていたと思うと感慨深いものがありますね。

​ 

 ​この区間を走る西方寺行きを撮っていなかったので、違う写真で代替しました。1日1本のバスを撮るのって大変ですね...

 

bus 11055 (2).JPG
国見中町~東櫛の海