© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

さいかい交通

樫の浦ー横瀬ー大串

大島営業所

本数

​狭隘度

車両

平日 3.5往復 土曜 3往復

​日祝 2.5往復

★★★★★

日野  ブルーリボン

いすゞ キュービック etc...

 大島を縦断するこの路線はほとんどが整備された県道を走ります。その割に狭隘度が星5つになっているのは、ほんの数十mのせいです(笑)

​ 

柳~七ツ釜本郷

 蠣浦島(読めねえ...「かきのうらしま」と読むみたいです)に入り、

​ 蠣浦桟橋を往復してバスは崎戸本郷へと向かうためこれまた立派な崎戸橋を渡ります。渡り終えたらさあ終点へ...ではなくバスは脇道へと右折します。

 その先に「福浦」「高峰」と続き、ほとんどの便はこの「高峰」で転回して終点へと向かうのですが、一部の便だけ1つ先の「東山」まで足を延ばします。狭いのはこの一区間なんですが...狭いというか...まあ乗ったら分かると思うのでぜひ乗ってください(笑)

高峰~東山

崎辺~熊野神社下

 マダイ?の形をした「今泊」を過ぎて橋を渡ると、御床島に入ります。ほとんどの便が折り返す「崎戸本郷」は島に入ってすぐのところで、島の奥まで向かう便は海沿いの隘路を通り抜けて山を上ります。

 そして、この路線で随一の狭さなのが「崎戸本郷」を出てすぐのトコ。バスのタイヤが側溝の上を通るくらい

​あ、ホテル咲き都ですが2017年末で撤退したみたいですよ。じゃあなぜバスが走っているのかって?...免許維持なのかな?

崎戸本郷~ホテル咲き都

遠照院下~面高

 マダイ?の形をした「今泊」を過ぎて橋を渡ると、御床島に入ります。ほとんどの便が折り返す「崎戸本郷」は島に入ってすぐのところで、島の奥まで向かう便は海沿いの隘路を通り抜けて山を上ります。

 そして、この路線で随一の狭さなのが「崎戸本郷」を出てすぐのトコ。バスのタイヤが側溝の上を通るくらい

​あ、ホテル咲き都ですが2017年末で撤退したみたいですよ。じゃあなぜバスが走っているのかって?...免許維持なのかな?

崎戸本郷~ホテル咲き都